Breaking news
  1. 2024ー2025 新入団選手のお知らせ
  2. AL 2024-2025開催概要・スケジュール発表
  3. 2024ー2025 新入団選手のお知らせ

CAREER DESIGN PROJECT

ー キャリアデザインプロジェクトとは ー

東北フリーブレイズは、チームのValue-中核的価値観-の一つに「プロ選手を育てるだけではなく、『選手』の教育及び人間形成に、クラブをバックアップする企業に携わっていただき、選手といえども競技に偏ることなく、社会人として学ぶ機会を増やし、選手のセカンドキャリアを総合的にバックアップします」を掲げています。

この中核的価値観に基づき、東北フリーブレイズではチーム設立当初より選手のデュアルキャリア及びセカンドキャリアの実現に向けたサポートをしてまいりました。

その一環として取り組む「キャリアデザインプロジェクト」では、まずは自分の強みを自己分析するスキルと周囲が自身を分析する外的評価を客観的に見ることで、自分の能力と価値観を知り、さらに講演やインターンシップなどを通じて社会や地域に対する見識を深め、また経験を積んでいきます。

本プログラムは「一般社団法人アポロプロジェクト」様のご協力をいただき、取り組んでまいります。

協力:一般社団法人アポロプロジェクト
URL:https://apollo-pjt.com/

山内 貴雄 氏(一般社団法人アポロプロジェクト代表理事)

関⻄学院⼤学商学部卒業後、セレッソ⼤阪(Jリーグ)にて2年間プレー。
引退後、ヴィッセル神⼾スカウト担当を経て、リクルートエイブリック(現リクルートキャリア)に⼊社。
約13年間の在籍中、採⽤コンサルティング業務、組織マネジメント、Jリーグキャリアサポートセンターにて現役選⼿のキャリアデザイン、引退選⼿のキャリアサポート業務に従事。
2018年に独⽴し、⼀般社団法⼈アポロプロジェクトを設⽴。
様々な競技の現役/元アスリート向けの教育プログラムを企画、運営すると共にアスリートのSocial Good Actionを⽀援中。
また、⽔⼾ホーリーホックではMake Value Project外部パートナーとしてJリーガーの⼈材開発⽀援を⾏っている。

八田 茂 氏(一般社団法人アポロプロジェクト理事)

⻘⼭学院⼤学経済学部卒業後、リクルートで約20年間、主に新規事業に従事。
その後スポーツ界に転じ、2002年Jリーグキャリアサポートセンターを設⽴。
⽇本初のトップアスリート向けセカンドキャリア⽀援業務を開始し、⽇本オリンピック委員会でキャリアアカデミーを設⽴。
マイナー競技選⼿の現役続⾏のための所属企業開拓「アスナビ」を企画し、約10年で200名を超える実績を残す。
⽇本バレーボール協会専務理事として、バレーボール界改⾰に従事。
東京オリパラ組織委員会で、サッカー宮城スタジアム⼤会運営責任者として就任し、現在に至る。